椎名桔平の若い頃の下積み時代 10年1つの事をするとこうなる?

「継続は力なり」といいますが「継続できることを選ぶ 」方が大事なように思えます。
椎名桔平さんの若い頃の下積み時代の10年は厳しかったようですが
それは若い頃に決めた頑固たる決心があったから今の椎名桔平さんがあるようです。

椎名桔平 若い頃若い頃.bmp
椎名桔平さんといえば「レイン・フォール」「アウトレイジ」などの
数々の映画、ドラマで俳優として活躍中です。

実写版「暗殺教室」の烏間先生役としても有名ですね。

今では男気溢れる役で深い味が出ていてかっこいいと評判の椎名桔平さんですが
若い頃から華やかな俳優人生だったのでしょうか?





◆椎名桔平さんの若い頃からサッカーに打ち込む


椎名桔平さんは1964年生まれで三重県出身です。

小学3年生の時にサッカーを始めて
高校生の時には国体にも出場した実力者のようですよ!!

今でも俳優業の傍ら、サッカーは続けているそうです!


大学生でもサッカーをしていたそうなのですが
スポーツメーカーのCMに出演しアマチュア規定に反してしまい
謹慎処分を受けてしまいます。

そのことが理由なのかサッカーを退部を決意したそうです。

そこから椎名桔平さんの人生は大きく変わっていきます。





◆椎名桔平の若い頃の下積み時代


椎名桔平さんは友人の紹介で寺田農さんの付き人をしていたそうです。
椎名桔平 寺田豊 若い頃.bmp
寺田豊さんの付き人がきっかけで椎名桔平さんは1986年の21歳のときに
倉本聰監督作品「時計 Adieu l'Hiver」で主演を務められて
俳優デビューされました。



・若い頃の厳しい下積み時代
しかしそのままうまく俳優としての軌道には乗れず、
アルバイトをしながら生計を立てていたようです。


椎名桔平の若い頃に関するインタビューでは

「当時は人と会いたくないという気持ちが強かったので、
トラック運転手のアルバイトが多かったです。

客商売のアルバイトをしない方がいいという考えも持っていました。

客商売はお客さんが第一で
自分の感情よりもお客さんに合わせてサービスを提供するもの。

俳優の仕事も最終的にお客さんに見てもらいますが
客商売では自分の考えや感情を他人に合わせないといけないのが
役者を目指す上で良い作用を与えるとは思えませんでした。」

スポンサーリンク



常に役者を志すという意味でアルバイトでも
変に役者に作用するようなものは選ばなかったようですね^^


若い頃はアングラ劇団や端役などで下積み時代を送っていたそうなのですが
20代後半になると焦りがあったようですよ。

サラリーマンの20代後半といえば仕事にも慣れてきて部下も出来てくる頃。

友人達のそんな姿を見ると
「自分は何をしているんだろう」と思い詰めることもあったそうです。


椎名桔平さんの若い頃は大変厳しい下積み時代があったんですね・・・





◆若い頃の椎名桔平はある言葉で


こんな言葉を皆さんはご存知ですか?

「10年1つのことを頑張れば、神様はきっとご褒美をくれる」

これはオノ・ヨーコさんがある雑誌につづった言葉です。

これをみた若い頃の椎名桔平さんはものすごく
この言葉が心に残ったようです。


椎名桔平さんの若い頃に関するインタビューでは

「若い頃は、21歳から俳優を始めたから10年後の31歳までは
余計なことを考えず、焦らず、他人と比べず、
お金が稼げないとか考えないと決めた。」


と語っていました。


21歳から31歳の10年間を頑張って神様が暮れるご褒美をつかもうと
頑固たる決意したそうですよ!!
スポンサーリンク



◆椎名桔平の若い頃の下積みから花開く


とりあえず31歳まで役者を継続しようと決意します。

その後、1993年の椎名桔平さんが28歳の時に
石井隆監督作品「ヌードの夜」で仙道達役を演じます。
椎名桔平若い頃若い頃.bmp

椎名桔平さんは同性愛者の役を演じられて、それが高評価で
映画関係者から注目を集めたようです。

それから役者の仕事が増加し、29歳の時にアルバイトを辞め、
役者として生活ができるようになりました。


ちょうど俳優デビューして10年目になる31歳の時に
「いつかまた逢える」「BLACK OUT」「Age,35 恋しくて」など
トレンディードラマにも数多く出演して、
俳優としての人気と実力で足場が築けたそうです。


椎名桔平さんは
「10年間の期限に間に合った」
という気持ちの方が強かったようです^^





◆椎名桔平の若い頃のまとめ


椎名桔平さんは見事に21歳からちょうど10年目にして
俳優としての足場を築き上げました。

若い頃に決めたことを10年も継続していくのは相当な努力が必要です。

まさに継続は力なりという言葉があてはまりそうな人生ですよね^^

若い頃の下積み時代で培った演技力は今の椎名桔平さんの
心の内面を表情で表す演技、鬼気迫る迫真の演技につながっているんですね^^


最近では椎名桔平さんの若い頃の演技より
今の深い味わいがある演技の方がかなり好きというファンも多いようですよ^^


関連記事

椎名桔平の嫁と子供の現在は?山本未來が子供に嫉妬?

椎名桔平が韓国人から帰化した噂は?在日韓国人が嫌われる理由

椎名桔平のアウトレイジがかっこいい!ベッドシーンと刺青の裏話

椎名桔平のコードブルーかっこい!りょう(三井)と復縁は息子が?