コーヒーの効果はガン発症の予防に最適?研究結果が明らかに!

コーヒーの健康効果でガン発症の予防になるという研究結果が出てきているので、その理由とどのようなガンに効果があるのかなどをまとめています。
浅煎りコーヒー.bmp
現在の日本人は2人に1人がガンにかかると言われていますね。
それほどガンは私達の身近にある国民病です。

そんな身近になっているガンが、
毎日コーヒーを飲むことによって、ガン予防ができると話題になってきています!!



最近ではコーヒーに含まれる成分による健康効果で
ガンの発症リスクが低下する、予防になると言われています。

コーヒーを飲むことによってがん予防になる可能性があることは
様々な研究結果であきらかになってきているのはご存知だったでしょうか!?
スポンサーリンク



◆コーヒー効果はどのガンに有効?

ガンといっても人間の身体に発症するガンはたくさんの種類がありますよね。

コーヒーを飲むことによってガン予防になると知られてきていますが、
皆さんはコーヒーの健康効果では、一体どのようなガンに有効か知っていますか?


コーヒーの効果によりガン予防になる部分

・肝臓がん
・子宮体がん
・子宮頸(けい)がん
・卵巣がん
・大腸がん

コーヒーに含まれる成分による健康効果では
このようなガンのリスク低下、予防になる可能性があると研究結果が出ているようです。


コーヒーを毎日飲むことによって
このようなガンの予防に効果がある可能性があるわけですね^^





◆コーヒー効果でガン予防の研究結果

毎日コーヒーを飲むことによって
子宮体がん、子宮頸(けい)がん、卵巣がん、大腸がんの予防になる可能性があると
研究結果では出ているようですが、どのようなデータが出ているのでしょうか?

・肝臓がん予防の効果
科学的根拠としての信頼性の強さは、ほぼ確実なようです!


・子宮体がん予防の効果
科学的根拠としての信頼性の強さは、「可能性がある」という段階のようです。


・子宮頸(けい)がん、卵巣がん、大腸がん予防の効果
科学的根拠としての信頼性の強さは、残念ながらデータがまだ不十分なようです。



これらの研究結果は約10年間の調査によってわかった結果のようですが、

コーヒーをほとんど飲まない人と比べ、
ほぼ毎日飲む人は肝臓がんの発生リスクが約半分に減少するようです!

なんとコーヒーの摂取量でも変わってくるようで、
1日の摂取量が増えるほどリスクが低下し、
1日5杯以上飲む人では肝臓がんの発生率は4分の1にまで低下したそうです。
スポンサーリンク



◆コーヒーに含まれるクロロゲン酸がガン予防に

コーヒーの中に含まれているクロロゲン酸という成分が
ガン予防に効果があると言われています。

クロロゲン酸はポリフェノールの一種であり
コーヒー豆中に 5%~10% 近く含まれ、
含有量はカフェイン (1%~2%) よりも多いんですよ!

コーヒー以外には、ナスやゴボウといった野菜にも含まれているようですね。


クロロゲン酸はガン予防の他にも

ダイエット効果
糖尿病予防効果
老化防止効果
血糖値の上昇抑制効果

もあるようですよ!
コーヒーに多く含まれるクロロゲン酸は健康効果の高い成分なのですね!





◆浅煎りコーヒーでクロロゲン酸を

コーヒーの健康効果ではクロロゲン酸が多く関係しています。

しかし、クロロゲン酸は焙煎をすればするほど
コーヒーに含まれる量が少なくなっていくので
深煎りよりの浅煎りコーヒー豆の方がクロロゲン酸は多く摂取できるんです!

コーヒーによる健康効果でガン予防を期待するのであれば
クロロゲン酸が多く含まれる浅煎りコーヒーを飲むことをおすすめしますよ^^


関連記事

コーヒーの効果で便秘解消?飲み方を間違えると逆効果な結果に

コーヒー効果で美肌に?肌に良いおすすめのコーヒーを紹介!

コーヒーの効果と持続時間!眠気覚ましのカフェイン摂取方法

コーヒーの効果はインスタントも同じ?ドリップとの違いは